souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

何でもできる50歳

ほぼ日とAERAの「ゼロになる40代」から「何でもできる50歳」へという対談が、ものすごく腑に落ちたので、備忘のために貼っておくとしよう。

自分の足で歩きはじめるのが20歳
人生80年とすると、50歳が中間点

大学に入るにも、卒業するにも、時間かかったし、昔からおっとりしてたので、気が付いたのがちょっと遅かったけど。
自分に置き換えると、社会に出たのが25歳だから、平均寿命85歳まで生きるとすると、55歳はちょうど中間点。だからよしとしよう。

50歳になると「リスクはなくなる」と思うんです。
起業とかっていうと「リスクを取れ」だとか、「清水の舞台から飛び降りる気持ちで」みたいに言われますけど、50歳になって清水の舞台から下をのぞいたら「なんや、1メートルしかないやないか」って。そしたら、飛び降りることができますよね。
自分の得手不得手は、ある程度わかってるから、それを踏まえてこれくらいのゲームならやってみようかなとか、選び取ることができるんです。

出口さんおっしゃるように、折り返し地点では「リスクはなくなる」。
これまた自分に当てはめて考えると、子供は独立してるし、離婚しちゃったし、借金は返しちゃったので、リスクはないよ。


一旦全部捨てて残りの人生、やり残しがないように、自分なりに生きてみようじゃないの。