souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

ダリ展

俺はずっとダリに魅せられ続けている。
ダリの美術館は当然ながら、展覧会は関連のものも含め悉く行っている。しばしば、ダリだけが目当てで美術館に赴くこともある。
以下美貌備忘。


今回は250点もの展示で、10年前の生誕100年記念回顧展以来の気合の入れようだ。こちらも心して臨まねばなるまい。


展示数が多いと、なるほど作風の変化を年代別に丁寧に追うことができる。
同時に、個々の作品も印象深い。
福岡市美術館が買ったらしいポルト・リガドの聖母は完璧に美しかったし、引き出しのあるミロのビーナスや素早く動いている静物との再会も楽しかったし、ウラニウムと原子による憂鬱な牧歌の筆致には圧倒された。


映像も、アンダルシアの犬のみならず、貴重なもの多数。


Destino / Walt Disney & Salvador Dali

白い恐怖(SPELLBOUND) /アルフレッド・ヒッチコック


極めつけは、メイ・ウェストの部屋。フィゲラスのオリジナルをコピーしたんだそうだ。
ここだけは写真撮影可能。ああ楽しい。


スーベニアショップでは、高校の頃に一目惚れしたこれを買ってしまったよ。

目覚めの一瞬前、ザクロの実のまわりを一匹の蜜蜂が飛んで生じた夢