souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

3度目のステーブハケット

3年前の素晴らしい印象が強すぎたのかもしれない。特に第二部は、ダブルネックのベースが鳴らないトラブルや、前席の酔っぱらいの兄ちゃんの必要以上のトランス状態のおかげでステージに集中できなかったこともあってか、3年前の印象とはかけ離れた散漫なステージだった。
メンバーが同じで代り映えしないなら、やはり演目も変えてソロ作品のみで構成すべきではなかったか。現に第一部の出来は悪くなかった。でもジェネシス時代の曲を演らないと、おそらく集客できない。そんな悩みや迷いが現れたライブではなかったか。
難しいねぇ。

Steve Hackett Setlist @Club Citta'Kawasaki

Part I :from Acolyte to Wolflight

  1. Spectral Mornings
  2. Out of the Body
  3. Wolflight
  4. Every Day
  5. Love Song to a Vampire
  6. The Wheel's Turning
  7. Loving Sea
  8. Icarus Ascending
  9. Star of Sirius
  10. Ace of Wands
  11. A Tower Struck Down
  12. Shadow of the Hierophant

Part II:Genesis classics

  1. Get'em Out by Friday
  2. Can-Utility and the Coastliners
  3. The Cinema Show〜Aisle of Plenty
  4. The Lamb Lies Down on Broadway
  5. The Musical Box

Encore:
Firth of Fifth


personnel:
Steve Hackett - guitars and vocals
Roger King - keyboards
Gary O'Toole - drums, percussion and vocals
Rob Townsend - sax, flute and percussion
Nick Beggs - bass, guitars and vocals
Nad Sylvan - vocals