souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

ルーヴル美術館展

平日の昼間だというのに、酷い混み具合だ。やっぱり、ルーヴルのブランドは強い、ということなんだろう。
しかし俺はと言うと、いくらルーヴルの蔵出し絵画とはいえ、これに1,600円払う価値観は持ち合わせて居ないなぁ。

目玉の《天文学者》もいまひとつピンと来ない。
6年前のルーヴル展では「レースを編む女」にあんなに感動したというのに。