souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

機まつりのお披露目

YB-z(わいびーず)を蕨のハニーフラッシュでお披露目した。
思えば、ハニフラセッションに初めて酸化したのが9年前。それから「大人の部活」をずっとやってて、おかげですごく沢山の音楽仲間に巡り会うことができた。ちゃんと数えてないけど、多分その数60〜70人ぐらい。このバンドも、ハニフラのセフレ*1で結成したのである。ただバンド名は、蕨に因んでつけたわけではない。ヤードバーズツェッペリン、で、YB-z。
このバンド、最初にバンマスと組みたいって言ってたのは3年ぐらい前。ハニフラのセッションで、お互い5〜6曲の内、4〜5曲、組んじゃって、何だか運命的♪みたいなオヤジ同士のキモい会話が交わされ、ま、それ以来コミュニケーションがブレイクダウンしながらもグッドタイムズバッドタイムズあって、今日に至ったとまあ、そういう訳である。


ツェッペリン演るのに、レスポールでなく全編テレキャス。何と。ということで、サード以降のリクエストは、一切受け付けません。
こういう変なZepバンドがひとつぐらい在ってもよろしかろう。


肝心のギグだが、自分自身の出来としては、久しぶりだったこともありピッチが不安定で、全体的に力み過ぎ。時折上ずったりフラットしたり、課題多し。もちろんハープやテルミンの出来については、素人に毛が生えた程度。
しかしお客さんの反応としては、大変なご好評をいただいた。バンドとしての音圧は出ていた、ということなんだろうと思う。身にあまる光栄。
30分で6曲演っちまったら、強烈なアンコールに応えようとも、もう持ち歌がない。仕方なく、オープニング曲をもう一回演ったりして、大変失礼しました。
年内ないし来年早い時期に、より大きめのハコでもう一度キッチリ演りたいと思います。


今後ともYB-zを、よろしゅうご贔屓に。胸いっぱいの愛をこめて。


メンバー
g.  ヒラノス
b.  yukio
ds. すぎっちょ
vo. harp てるみ souxouquit


セットリスト

  1. The Train Kept A-Rollin'
  2. Good Times Bad Times 
  3. You Shook Me
  4. Communication Breakdown 
  5. Living Loving Maid (She's Just A Woman)
  6. Whole Lotta Love

*1:だからセッションフレンドの略なんだってば