souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

今日の温泉銭湯

荒川線に乗って町屋で下車。そこから都バスに乗り継いでやってきた足立の明美湯である。


入り口に「人口温泉」の文字。
後から調べたのだが、どうも

炭酸カルシウムを豊富に含む北海道二股温泉の湯の華を持ってきて、お湯を強制循環させることで一定以上の濃度を保つように溶解させると、13項目の効能を謳えて『人工温泉』となる

らしい。
なあんだ。
ということは、その装置を最近購入したってことだな。


脱衣所では美空ひばりの歌声が流れ、壁には動いている気配のない柱時計がかかる。
天井が高く開放感溢れる浴場には、だが定番の富士山が描かれてはいない。
露天風呂でもあるのかと思い浴槽脇のドアを開けたら、プールが現れた。ビックリ。室内に、1コースのみ。15m程で、泳ぐに泳げない。不条理。
まあ何とも不思議な銭湯である。


ヌルめの炭酸温泉そのものは、確かに湯冷めせず「効能」どおりなのだが、何となくありがたみが薄い感じの家路。
荒川に沈む夕日がビックリするほど美しかった。


ところで、銭湯の料金が4月になっても値上がりしないのは何故か。
公衆浴場料金は物価統制令の対象だから簡単には値上げできない、ということらしい。
勉強になった。恐るべき時代錯誤ではあるが。