souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

アレア再び

まさか、半年の間に2度もアレアに会えるなんて。
もう、生きていてよかったと思う訳です。
ニュートロルスとのカップリングで実現したイタリアン・ロック・ヒストリー。初日の今日は、

  • 第1部:ニュートロルス(コンチェルトグロッソ4部作のダイジェスト)
  • 第2部:アレア(怒涛の旧曲ベストセレクション)

という垂涎の構成だったのだけれど、奇しくも、様式美vs.混沌という対比がくっきり。
こう聴き比べてみると、どうしても俺はカオティックなアレアが大好きなんだなと、改めて痛感。テーマが現れ、それを誰かが壊し、また音の塊の中からテーマに戻り。。。という流れにゾクゾクするんだ。


メンバーは前回と同じ。セットリストもほとんど変わらない。「現役バンド」として2回目の曇りのない目で観ても、凄い。もの凄い。


しかし、人気ないなぁ。
この日のチッタ(キャパシティ600名)は400ちょっとの入り。翌日は満員+立見追加販売の盛況だというのに。


ま、誰が何と言っても、アレアは世界最凶最強のバンドの一つだ。間違いない。


area -international POPular group
Patrizio Fariselli - piano, keyboards
Paolo Tofani - guitar, live electronics, vocals
Ares Tavolazzi - bass
Walter Paoli - drums