souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

ピカソ愛と芸術の版画展

俺はピカソが好きで、箱根彫刻の森ピカソ館は6〜7回訪れているし、1985年の貧乏旅行中には、バルセロナマドリッド、パリ各地でピカソ館を訪ねた。これまでの日本に来た企画モノについても、ほとんど欠かさず行っている。

しかし今回の版画展は、これまで行ったどんなピカソ展より駄目だった。


たった60点の版画は、ピカソの生前の足取りを辿るのにしては「ほんのクシャミひとつ」な感じだし、版画としても大物というか目玉作品がある(現に83年の版画回顧展には「貧しき食事」だの「ミノタウロマキヤ」だの「帽子をかぶった女の胸像」だのといった非常に印象的かつ重要な作品が多数出展されていた)訳で、そういうものも皆無だった。
まあ、荒井記念美術館という私設美術館のコレクションだから限界あるのかも知れないが、「没後40年記念」と銘打っちゃった割にはショボく、ピカソお爺ちゃんもきっと天国で呆れているに違いないわい。


てなわけで、欲求不満に陥った俺は、展示されていない版画のレプリカを購入するに至った。
サイテーな内容の展覧会で、ショップでの購入最高額を記録してしまった、という訳である。


しまった!
完全に敵のペースだった!!