souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

area -international POPular group

2年前の来日中止の決定は、いろんな意味でイタかった。それだけに、半分眉に唾をつけながら川崎へと向かったのだよ。


Mパガーニのコンサートの後、iPodに繋いだ得体の知れない楽器(トリカンタ・ヴィーナと言うらしい)を奏でる坊主の姿をぼおっと眺めながら「まだ前座か?」と取り乱したのも束の間、それは僧侶にあらずデメトリオ亡き後のフロントマンであるトファーニその人であるとの驚愕の事実を突きつけられ、いきなり始まった「自由への叫び」のイントロに打ちのめされて始まった1時間半あまり。
「蓄積」なる弩アバンギャルドナンバーから、デメトリオに捧げられた美しいピアノ曲、「赤い彗星」「のたうつ怒り」「老人支配」「白い象」「オデッサの林檎」。そして「ハビービ、ビッセレーム♪」と始まったラストナンバー「7月、8月、9月(黒)」まで息もつかせぬ怒涛のアンサンブル。


ものすごく恐ろしい。身の毛もよだつ体験とはこのことだ。
死んでしまったと思ってばかりいたareaが、こんなにも進化を遂げていたなんて。デメトリオの居ないareaが、こんなにも妖しい魅力を放っていたなんて。
日本にも早く来いよってハナシだ。というか、過去のことを言っても仕方がないので、今後も毎年来日してちょうだい。毎回観に行くぜ。


という訳で、この、突き抜けるような音の塊を軽々と演奏するおっさんたちは、リアルタイムに進行形であるバンドとして、今後もチェック必須であります。


2013.04.28 Italian Progressive Rock Festival Finale 2013 @Club Citta' Kawasaki


1. Trikanta Veena Suite
2. Arbeit Macht Frei
3. Sedimentazioni
4. Cometa Rossa
5. Nervi Scoperti
6. Efstratios
7. Gerontocrazia
8. L'elefante Bianco
9. La Mela di Odessa
10. Luglio, Agosto, Settembre (nero)
encore
11. ZYG (Crescita Zero)
12. Gioa e Rivoluzione


area -international POPular group
Patrizio Fariselli - piano, keyboards
Paolo Tofani - guitar, live electronics, vocals
Ares Tavolazzi - bass
Walter Paoli - drums
Mauro Pagani on Track 12 - violin