souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

ブラジルW杯アジア最終予選 オーストラリア1-1日本

敵地で、勝ちに等しい引き分け。というより、勝ち点3を豪州にやらなかったのが何より大きい。最終予選の最初の3連戦で「2勝1分の勝ち点7」は、最低限のノルマを達成したと高く評価されていい。何しろグループ最大のライバルと目されている豪州は、2試合で僅か2しか勝ち点を積み上げられていないのだ。


そう。
立ち上がりの敵の猛攻をしのいだ以降の、圧倒的なポゼッション。CKが起点だったとは言え、見込みの薄い単純な放り込みではなく、変化をつけたショートコーナーから完璧に崩して奪った先制点。アウェイのデコボコのピッチでも戦い方を変えない気概とプライド。どこを取ってもアジアレベルを超えている日本。
それに対し、中盤を省略してケーヒルのフィジカルにものを言わせ放り込む相変わらず退屈な戦術で、しかもホームでありながらごっつぁんPK1点で辛くも追い付いた豪州。
どちらがいいサッカーをしているかは、本田の話を聞くまでもなく一目瞭然である。


おそらくこのチームはこのまま順調に最終予選を駆け抜けるだろう。楽観はもちろん禁物だが。
主力級が怪我やサスペンドで欠場する事態でも、焦ることなくTier2の選手たちがその穴をシッカリ埋め、いつしかその「突き上げ」がTier1の選手たちをも刺激し、チーム内の切磋琢磨に拍車をかけ、ますます良くなっていく。
一方、最終予選のアドバンテージが、テストマッチ等にも選手起用や本大会へ向けたシミュレーションの点で余裕を与え、来年のコンフェデ等も経て経験値も積み上げていく。
日本代表がそういう「確変」途上にあるということを、強く印象付ける「勝ち点1」であった。


それにしても、黄7枚、赤2枚が乱舞した「壊れたゲーム」だったな。あのサウジのレフェリーのレベルの低さは、なんなんだろう。怒りを通り越して、笑ってしまった。この人、前半はそこそこ無難に笛吹いてたけど、後半になるとこぉんな感じで自滅&ゲームをぶち壊していったんだよ。手に取るようにわかっちゃうんだけど、以下は彼の内なる声の完全シミュレーションだ。

  • 後半10分、うっかり豪ミリガンにイエロー出しちゃったけどこいつ2枚目だ退場じゃんしまったどぉしようホームのチーム10人にしちまったづがががぁん
  • 後半20分、おい嘘だろアウェイのジャップが先制しちまったじゃん俺生きてこのスタジアム出られないかもどっかで帳尻合わせなきゃまじヤバいぜ
  • 後半23分、キターッPK!ウッチーお前はイエローだよそうだよこの程度で俺は躊躇いなく笛吹くのさあっはっはこれでひと安心
  • 後半37分、だいぶゲーム落ち着つかせちゃって俺すごくイケてるだろ何だかこの金髪野郎も生意気だからイエローだぜあっはっは俺って絶好調!
  • 後半44分*1、立て続けにファウルしたこのDF点決めた奴じゃんこいつも目障りだから退場だぁぁ俺ってちょーイケてる
  • ロスタイム、金髪がFK蹴る前にホイッスル吹いちゃえ別にPKでないからルール違反じゃないぜ主審が絶対なのさへっへっへこれだけ贔屓すりゃホーム観客も納得だろ今夜も俺はカンペキだぁぁ

多少語気が荒くなってしまって恐縮だが、ざっとまあ、こんな感じだったんだよ彼は。
スタメンの7人が欧州でやっている日本(豪州も同様だな、その点では)のチームレベルに、アジアのレフェリーが全く追い付けていないんだな。全くお粗末なハナシ。


しかしね。
日本が素晴らしいのは、こんな判定も「それがフットボールさ」と笑い飛ばせる余裕を、監督も、選手も持っていることだ。
ザッケローニ監督が「レフェリングに対してコメントをするのは好きじゃない、PKを取られる前のCKは不用意な横パスが原因、その1つのプレーが響いた」と自戒したのが象徴的だ。
長谷部曰く「スタジアムの雰囲気にレフェリーがのまれちゃって相手がちょっとでもアピールしたら全部笛を吹く感じでPKを取られて、これがアウェイゲーム、これがサッカーかな、という感じ、ただそんな中でももう少しボールをうまく回してやっていければな、というのはある」。
遠藤曰く「相手は10人なので、やられるならPKかセットプレーしかないとは思っていたが、それどおりやられてしまったので、もうちょっと一人ひとり頭を使ってやる必要がある」。
川島曰く「アウェイなのでどんなことが起こってもしょうがないが、レベルの高い相手との対戦では自分もしっかり仕事をしなければいけないし、そういった意味ではやっぱり篤人のためにPKを止めたかった」。
何と逞しいコメントだろう。誰一人レフェリングに文句を言うものは居ない。
今後も(特にアウェイゲームでは)どんなレフェリーにも付け入る隙を与えないことだ。くんしりかにかんむりをたださず。その文脈で言うなら、不用意なウッチー*2は、心入れ替えなきゃスタメン落ちだ。何しろTier2のいい選手がいっぱい迫ってきているんだから。


【おまけ】
ネットで拾った画像があまりに面白かったんで、拝借。
こういう事態を笑い飛ばせるようになったこと自体が嬉しいぜ。


 

*1:豪アレックス選手は「日本のDFはとても良かったし強かった、栗原の退場はとてもアンラッキーだった、レフェリーは少し混乱していたんだと思う」とコメント

*2:倒された時に手でボールを触ったのをレフェリーに見られていたら、今度は退場だ。そういえば彼、前の試合でも勝手にセルフジャッジしてプレーを止め、大ピンチを招いたしね。