souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

山形一寸亭

そんな過酷な状況下の唯一の楽しみは、何と言っても昼飯である。説明会の会場のすぐ隣の蕎麦屋に行きましょう、ということになって、そうだそうだこんな寒い日には鴨でも喰って暖まろうぜぃって喜んで行ったのだが、つったい肉そばが山形名物なんですよと満面の笑みで勧められると、どうにも断りようがないではないか。無論「つったい」というのは「冷たい」という意味だ。こうなれば、XXを喰らわば皿までとばかりに、突撃するより他あるまいて。
味わってみると、やや塩気の強い出汁の効いた汁に、引き締まった蕎麦がよく絡み、実に旨い。そこかしこに湧いている公衆温泉でひとっ風呂浴びてこれを喰うと、極楽なんだそうだ。北国には北国の暮らしと喜びがある。当たり前だがそういうことだ。何だか、一寸前まであんなに忌み嫌っていた事柄が、むしろ羨ましくも思えてきた。