souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

異人たちとの夏

★★★★☆素晴らしい また観たい


山田太一の原作を読んだのは、もう何年前だろう。俺この手に弱いんだよね。プロット自体もうホロッとさせる感じなんだけど、監督がまた大林宣彦でしょう。もう、日本人の琴線に触れまくり、という作りになっちゃっている訳です。日本人ってほら、昔から死者との付き合いが一番上手い民族なんじゃないかな。幽霊って怖いだけじゃなくて、現世の人を守ってるでしょ。お祖父ちゃんの霊がいつも見守っていてくれている感覚、俺にはあるよ。これがまた例えばアメリカ人が描くと、どうしても真正ホラーな感じになっちゃうし、いいとこキングペットセマタリーでしょ。両親を大事にしたり、お墓参りに行きたくなったりする映画ですね。お盆の季節にピッタリ。
世間では評価高かったようだけど、俺、正直、鶴太郎のワザとらしい演技は苦手。彼が親父じゃなかったら、5つ星逝った鴨。逆に、世間ではサイテー評価の名取裕子も、俺はそんなにイヤには感じなかった。だってそこは目くじらたてるところじゃないからさ。