souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

Copa America Argentina 2011

ブラジルもアルゼンチンも居ない決勝で、ウルグアイが、1勝もしないで勝ち上がってきた(って日本語は変だが本当だからしょうがない)パラグアイを3-0で一蹴し、大会最多の15回の優勝を成し遂げた。開催国であり下馬評では優勝に最も近いと思われていたアルゼンチンを、自力で蹴散らしてきた実力はやはり本物だったということだ。昨年のW杯からずっと安定した戦いで、まさに古豪復活、円熟の境地、という感じである。


もともとウルグアイというチームは堅守速攻なのだけれど、そこにスアレスフォルランというボールの納まり方が化け物みたいな2トップがいるもんだから、もの凄く安定的に戦えている、そういうチームである。今大会のスアレスの身体のキレは異常だったし、得点こそ決勝戦のみだったとは言えフォルランも、スアレスとのコンビネーション、中盤とのボールの出し入れのタイミングが絶妙で、全く素晴らしかった。ちなみに、俺と息子2人の間では、スケートの清水北島康介フォルランの3人なら抱かれてもいい、ということに満場一致でなっている。


これで、南米の勢力図もちょっと変わるのかもしれない。
W杯で惨敗しチーム再構築途上のブラジルはともかくとして(何しろ次回W杯は開催国だ)、アルゼンチンの凋落ぶりは、ちょっと酷い。よく考えれば、日本にも負けてんだぜこのチーム。


また面白くなってきた。
と同時に、この大会に日本も参戦していたら、もの凄く有意義だったのに。悔しくてならない。