souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

2年前と同じこと、違うこと

そう。マンUには、クリスティアーノテベスも居ない。
バルサだって、先取点を挙げたエトォも、アンリも、チームを去ってしまった。


スタディオオリンピコの決勝とウェンブリーでのそれ。
何がどう違うのだろうか。


マンUは、チームの完成度というか成熟度の点でも、間違いなく2年前より数段レベルアップしている。ファーディナンドとビディッチを中心とした堅守から繰り出す速攻のキレ、ディミタール・ベルバトフという今最も輝いているFWと闘将ルーニーの個性の違うオフェンス。ベルバトフの繊細かつ大胆なゴール前での動きは、溜息が出るほど美しい。俺、個人的に大好きなんだなぁ。エレガントな長身選手って。
対するバルサの、シャビ・イニエスタ・メッシのカンテラトライアングルは、言わずと知れた、必殺、世界最凶最強である。中盤からのビルドアップと圧倒的なポゼッション。2年前のファイナルではマンUに何もさせなかったけど、同様の試合を展開する可能性は充分にある。むしろ、バルサはここ20年で一番いい状態に、俺には見える。というか、今世紀最高のチームになっちゃう予感すらしている。


どこをどうとっても、もの凄く楽しいファイナルになる。
サーアレックスも「今回はこの10年で最高のファイナルになるかもしれない」って言ってる。うん。間違いない。
あぁぁ。書いているだけで興奮してきた。


やべぇ。明日のリハ前に曲書かなきゃ(爆)