souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

息子1号の浪人生活

花粉症と風邪で、体調は最悪である。
おまけに今日は法事だ。線香の臭いの充満する部屋に行くと考えるだけで、殆ど拷問に近い。


ところで、線香でなくて選考のハナシ。
本日は息子1号の国立の試験の最終日である。
それとともに、W大学B学部の発表でもある。ここに受かれば、国立の後期試験に挑むことなく彼の浪人生活も目出度くピリオドという訳だ。


法事から戻りベッドでダウンしている俺に、1号から吉報が入る。
どうやら受かったらしい。しかし当然だがまだあまり実感が湧かない。
俺は、何となく重苦しかった空気から解放されるということをぼんやりと考えながら、おめでとう早く帰ってこい祝杯をあげようと手短に電話を切る。


俺自身、浪人することがあたりまえということもあるかもしれない。
ただ、俺とてW大学には現役で受かっておきながら、好きで浪人したんだ。その点息子とは違う。無論、俺は理系で息子はド文系だし、20世紀の常識が通用しない世の中になってしまっているのは百も承知ではあるが。


春めいた陽気の中、ゆっくり噛みしめて考えてみたい。
何しろ4年間、力の限り何かに集中できる素晴らしいモラトリアムを手にしたんだ。
一緒に考え悩むこととしようか。