souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

わずか41年の人生

今月のはじめ。
日曜日に遊び疲れて帰ったら、お袋から電話があったっていうんだ。何だか胸騒ぎがして電話したら「甥(俺から見たら従弟)が末期の肝臓癌で、余命いくばくもない。手術のために腹を開けたけど、転移だらけで手の施しようがなかったから、そのまま切除せずに閉じてしまった」などと信じられないことを言う。


9/20。敬老の日
お袋と、親父と、兄妹3人で日大板橋病院へ見舞いに行った。
今日からモルヒネで痛みを散らしていると言う。浮腫んで、黄疸が出始めた足は、びっくりするほど冷たかった。呼吸器と点滴によって維持された生物としての命があまりに痛々しく、5秒と正視できない。
souxouquitも身体大事にしなきゃダメだよって叔母さん(病気の従弟の、つまりは母親だ)のコトバにも、こぼれそうな涙を誤魔化してバカみたいに頷くしかなかった。


彼は今日。息を引き取った。


まだ41歳だぜ。子どもも1歳。
ほんと、いい奴なんだ。純粋で、真っ直ぐで、子供好きで。


神様はあんなにいい奴に、どうしてそんな仕打ちをするんだよ。
俺みたいな汚い豚野郎が、ノウノウと生きてるっていうのに。


こころの穴が開いたままだ。