souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

ぽあぶる

背中が軽くなると、ボサボサの髪もどうにかしたくなって、髪を切る。そうこうするうちに11:30amだ。長年懸案の、あのフレンチの店でランチを頂こうじゃないの。
マンションの一階にひっそりと構える小さな店は、ランチを待つ客で既に殆ど満席だった。俺は一人だったからカウンターに通されたものの、誰かと一緒なら、一回り待たされるところだったぜ。
サラダは大根。梅肉かな。酸っぱいソースがアクセントになってる。そしてジャガイモのスープ。隣のカップルが訊いていたけど、隠し味に味噌を使っているそうだ。
そしてメインは、揚げたアオアジに夏野菜を添え、これまた酸っぱいソースで和えたもの。もの凄く旨い。ちょっと麦飯の混ざったご飯は、茶碗で出てくる。申し遅れたが、ナイフとフォークは並んでもいない。スープ以外、すべて箸で頂く。野菜も深大寺あたりの地産地消らしいし、とても好感が持てる。これに食後のドリンクがついて、たったの¥850。実にお値打ちである。
但し。カウンターに所狭しと並べられたワイン・焼酎・オリーブオイルの瓶には、長年の埃が溜りに溜まっていた。その点を除けば、満点だった。


なぁに。その店が悪い訳じゃない。
こういった当たり前のことを当たり前にする良心的な店の絶対数が、少ないだけのハナシだ。人によっては、気さくな店の雰囲気が好きな人も多いだろう。
何でも、だいたいメインをいつも魚にしているということなので、この店の再訪可能性はかなり大きい。