souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

おくりびと

★★★★☆素晴らしい また観たい
内外で高評価だったこの作品。不思議と観る機会に恵まれなかったのだが、観てびっくり。実に感動的ではないか。うっかり涙ぐんでしまった。日本の美しい四季に彩られた死の物語は、そっくりそのまま、生の物語の根幹を形成する。山崎努もっくんがわっしわっしと飯を貪り喰うシーンが、眼に焼き付いてしまった。いい意味での、日本のウェットな質感がスクリーンから溢れ出ている。小山薫堂さんの脚本も素晴らしい。山崎努峰岸徹余貴美子吉行和子等、錚々たるバイプレーヤーに囲まれ、個人的に唯一気に食わなかったのは広末涼子の大根カマトトぶりであるが、それももっくんの葛藤の深さを際立たせるためのキャストだとしたら、プロデューサーにも脱帽。