souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

安かろう悪かろう、ではないな

南アには、「ワインランド」なる所謂「地中海性気候」の飛び地があって、知る人ぞ知るワインの大量生産国なのである。そんな前評判を聞いていたので、ヨハネスブルグのスーパーで試しに買うことにした。それはいいが、まあ、あるわあるわ。どれも美味しそうなのだけれど、あんまり種類がありすぎるので迷ってしまい、結局イベントものを買った。


もうひとつ南アワインの評判を際立たせている特徴が、酸化防止剤の少なさ、ということらしい。何でも政府の基準が厳しい、とか。


赤はカベルネソービニョン。芯があるけど軽い仕上がり。若いがその分ブドウの味がしっかりあって、余計な渋みがない。ホント美味しい。ロゼは更に軽い感じ。これ合計でR105=¥1,300。想像だが、きっと労働力の安さも価格に反映しているのだろう。


何れにせよ、大満足であった。
日本でも南ア産のワインを見かけたら、買ってみようと思う。