souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

ナイーブ過ぎる環境で進歩できるのか

ワールドカップ敗退で歓喜している国に、ベスト4など永遠に無理な話だ
全くそのとおりだと思う。

南アでのワールドカップサッカーのベスト16での戦い、PKの末にパラグアイに惜敗した。朝の情報番組を観れば、司会者やコメンテーターが口をそろえてこんな風に語っている。
「感動をありがとう」
「勇気をもらいました」
「日本代表にお礼を言いたい」
一般人ならまだしも、スポーツ報道を扱うメディアの人間にしては、またずいぶんと安上がりに感動するものである。仮にも公共の電波を使って、「感動したり」、「お礼をしている」ヒマがあったら、日本の敗因、もしくはパラグアイの勝因について、解説の一つでもしてもらいたいものだ。
前日本代表監督のオシム氏は試合後、NHKの番組の中でこう語っている。「改善すべき点は多くあった。決勝に入ってパラグアイのように勝てる相手と当たったのに、この結果はきわめて残念です。本当に勝ちにいったのか、残念でならない。勝つために必要なことをしたのかというとそれはない。後半は個々人がチームを無視した動きをしてしまった。この教訓をどう引き出すか。次のワールドカップを考えるのならば、きょう、この負けた瞬間から考えなければならない」
ベスト8の出揃ったワールドカップは、まさしくこれから佳境に入る。世界最高レベルの選手たちが、世界最高の舞台で、最大の実力を出しきる真剣勝負の時がやっと始まるのだ。にもかかわらず、日本のメディアではすでに今回の南ア大会は終わったかのような扱いになっている。
それは、ファンにもいえる。日本代表が敗れたからといってサッカー観戦をやめるのは、それは「サッカーファン」ではなく、単に「日本人ファン」に過ぎない。

そう思うからこそ、俺はこれから南アに旅立つのだ。