souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

サッカーファンは大きすぎる期待を抑えなくては

シニカルな英国人気質って、俺は結構嫌いじゃない。

私たちがイングランドに期待しすぎるというだけの話ではない。それよりむしろ、私たちが西欧の強豪国全てに期待しすぎていることが、問題なのだ。
私がこのコラムでしつこいほど繰り返して来たように、欧州以外の地域が追いついて来たのだ。
イングランドアルジェリアやアメリカに圧勝することを期待するのは、大英帝国の復活を期待するようなものだ。にもかかわらずファンは、それを期待している。この事態がいかに不幸か。ウェイン・ルーニーが口にした通りだ。「自分のファンにブーイングされて嬉しいよ。サッカー・ファンの皆さんにね」
見方をこう変えればいいのだ。しぶといイングランドは強大なアメリカを抑えて、アルジェリアに勝ちそうになった――そう思えばいいのだ。もっとひどい展開だってあり得るのだから。フランスをみれば分かるだろう。

その、過剰にシニカルな口調はともかく、サッカー界の勢力図は大変化を遂げようとしている、という指摘は、確かに的を得ている。
もしかしてこの大会は、「欧州の凋落はあの大会から始まった」と振り返られるのかも知れない。