souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

シンガポール・シーフード・リパブリック

暑くなると、無性にシンガポール料理が喰いたくなる。
入梅前、そして俺が南アでどうかなっちまう前(笑)に是非
ブラックペパークラブを食したい
という学生時代の仲間を誘い品川へ突撃したのであった。


実はこの店。
銀座の姉妹店ともども目立つとこにあるでしょう。気にはなっていたのね。
でも何だか高げ〜って敬遠していたのも事実。


ところがところが。


ブラックペパークラブが食べたい一心で調べたら、マッドクラブ(シンガポールでは所謂“スリランカクラブ”の名で知られる殻のゴツ〜い蟹)を活で直輸入するルートを確立しているのは、ここだけみたいなんだな。
日本で喰うワタリガニのブラックペパークラブって、いまいちなんだよなぁ。
そそるよなぁ。
余談ながらこの店シンガポール政府公認で、当地の超有名シーフードレストラン「ジャンボシーフード」「パームビーチシーフード」「シーフードインターナショナル」の3店が共同開発したんだと。経営しているのは、過去にコカレストラン等で大成功を収めたM.R.S.。かなりの高確率で、俺のツボである。むむむ。


で、肝心の味だが、むちゃくちゃに美味。
もう、身体中の汗腺が開いちゃって汗びっしょりだし、手は勿論そこらじゅうに胡椒が飛び散るし、平均的日本人1年分に匹敵する胡椒を一度に摂取して多少ラリっていたのも事実だが、世界中のどの料理にも似ていない、あのシンガポール東海岸のレストランで食した味を、見事に再現していた。一人半身相当で喰っていたけど、物足りなくて、思わずもう半身づつ(しかもカニのサイズをS→Lにアップグレードして)喰っちゃったもんね。ああ。タイガービールがこれまた旨い。


夜の部にチキンライスを出していない*1のは真にケシカランと一瞬思ったが、考えてみれば、かの国でもシーフードレストランでは決してチキンライスは食わない。チキンライスはホーカーで食うべきものだ。それにチキンライスの旨い店は他にいくらでもあるではないか。


という訳で、またちょくちょく行きそうな勢いだなぁ。

*1:何でもランチタイムは出しているらしい。