souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

ダグワドルジが暴いたスポーツとしての相撲の限界

平成の大横綱朝青龍が、協会に煽てられ、最後には捨てられた。


実にさもしいハナシだ。と思う。


結局協会も、ドルゴルスレン・ダグワドルジというモンゴルの青年に、いろんなものを勝手に託しただけじゃないか。
まあ、協会も武蔵丸みたいに日本人にとって都合良い大人しいガイジン横綱が続いたんで、それが未来永劫続くんだと思ってたんだろう。
無論、そんな訳はない。
それどころか、横綱云々よりもまず相撲自体の人気が停滞している。


協会と朝青龍は、実は一蓮托生だ。協会は「あっちとこっち」というように線を引いているが、俺には「同じサイド」に居るようにしか見えない。内舘牧子が朝青龍に「だれだれを見倣いなさい」と発言する度、俺は「世話焼き女房」あるいは「手のかかる子供こそ溺愛してしまう愚かな母親」に見えて仕方がなかった。


横綱の品格と言われる。


品格というのは主観に左右されるから何とも「絶対的物言い」はできかねるが、相撲に美学を求めている人にとっては大問題なんだろうな。アタマでは理解できる。
しかし、俺の主観は?というと、正直そんなことは、どうだっていい。
相撲というスポーツ(=ルールのある喧嘩)に於いて、大切にしなければならないことは「誰が強いか」であって、それ以外のことは、とても瑣末なことだ。と思う。
勝負の後のガッツポーズが問題なら、よろしい。ガッツポーズが2回続いたら、一回不戦敗にする、とルール化したらいい。サッカーだって、ゴール後にユニフォーム脱いだらイエローカード*1だ。左利きの力士が左手で塩を撒くのもご法度、罰金だぁ。でもそんなことを協会が決めたら、その時点でファンがまた離れていくだろうな。決める過程でファンの声を聴き、協会が一人で突っ走るのを止めたら、それはそれでいいことだと思うがね。


ファンあっての相撲ではないのか。
俺ならば「協会の品格」を問題にしたいね。矜持、というか。


 

*1:それには、ユニフォームの冠スポンサーへの配慮が根本にあるので、例示が適切でなかったかもしれないけれど、まあ、勘弁して下さい。