souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

Club Estudiantes de La Plata 1-aet-2 FC Barcelona(FIFA Club World Cup UAE 2009)

いやぁ。痺れた。すごい。 歴史に残る名勝負とはこのことだ。
何が凄いってバルサの勝負強さが、凄い。
サンパウロに1-2で負けた1992年の国立も、インテルナシオナルに0-1で負けた 2006年の横浜国際も、両方とも目撃した長年のバルサファンである俺でも、こんな幕切れは想像できなかった。


これまで、それこそ数え切れない程「南米王者×欧州王者」の戦いを観てきたけど、今日のバルサは、ウルトラ・スーパー・ゴールデン・スペシャだった。というのも、 俺の記憶では「先制リードした南米の『守り勝ち』の粘っこさ」は半端ではないからだ。
現にエストゥディアンテスは完璧なゲームプランで、タイムアップの寸前まで欧州チャンピオンを封じ込めたのだ。
バルサバルサで、イニエスタ不在の中盤は目を覆いたくなるほど酷く、ほとんど「無様」とも言うべき試合運びを余儀なくされた。前半なんか、シュート、ゼロだ。


誤解しないでもらいたいが、バルサが如何に華麗なサッカーを展開しようと、それが勝負の結果に直結しないことぐらい百も承知している。いくらバルサ愛が強かろうが、勝つべきなのは美しいサッカーだなどというナイーブなロマンチズムを展開するつもりは毛頭ない。寧ろ、勝利の女神の残酷な気紛れも丸ごと愛する気がなければ、サッカーファンなどやっていられないのだ。


この結末は、10回のうち何回ぐらいあるだろうね。
10回勝負だったら、案外、エストゥディアンテス4勝、バルサ2勝、4戦は引分*1、そんな感じかもしれない。
バルサの勝利、しかも南米相手に逆転勝ち。そんな結末は、10回のうち1回もないだろう。きっと、アトランタで日本がブラジウを破った以上の、レアさ加減。
そういう意味でバルサは、6冠がかかった大一番で凄まじい集中力を発揮し、最高の試合を演出してくれたんではなかろうか。 そして、そのサッカードリームを、全世界にクリスマスプレゼントとして届けてくれたんではなかろうか。


俺は、バルサファンであることを、誇りに思う。
もちろん同時に、サッカー教の従順な殉教者であることも、ここに告白しておかねばなるまい。

 

*1:無論、PK戦などというふざけた余興は賞金スポンサーへの言い訳的必要悪であって、あれは勝負としては「引分」である。