souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

ナビスコ決勝 FC東京 2-0 川崎フロンターレ

いやぁ。痺れるような緊迫した戦いだった。
死力を尽くした両軍の選手に、拍手を送りたい。


しかし、健闘を讃えることと、勝負は、別モノである。


下馬評では、断然フロンターレだった。
鄭大世ジュニーニョレナチーニョのFW陣。それを後方から見事に操る中村憲剛。このオフェンスは魅力だ。俺も、これまでタイトルのない彼らに、どうにか獲らせてあげたいとも思ったさ。
ただ、勝負は非情だった。石川直宏長友佑都を怪我で欠いたFC東京が「脇を締めた」戦いぶりで試合を制した。つまり
FC東京勝つとしたらこういうやり方しかないやり方を愚直に貫いた。
その結果、城福さんのムービング・フットボールが素晴らしいレベルで、グランドに表出した。間違いなく今シーズンのベストゲームである。ニューヒーロー賞のルーキー米本がMVP にも輝いたおまけつき。「積極的守備型ボランチ」の久々の登場。本当に将来が楽しみだ。


一方のフロンターレは「オープンな打ち合い」で疲弊し、まんまとFC東京の速攻によって2点目を献上し自滅した。
そう。自滅だな。
結果的には、「試合のコントロール」を考えない、アタマの悪い戦い方をしてしまった。


フロンターレも、自負があるんだろう。Jで一番魅力的なサッカーをやっているのは俺たちだ。何故勝てないんだ、と。
でも、勝てないんだなぁ。
ちょうど鹿島の勝負強さに負け続けていた、かつての磐田のように。


この調子だと、フロンターレはまだしばらく勝てないような気がする。
今シーズン初め。もしかしたら、ACLナビスコもリーグも獲っちゃうんじゃないかと期待したが、結局駄目だった。リーグも難しいんじゃないか。勝負に対するリアリズムが、圧倒的に足りない。


憲剛。
ピルロに憧れるんなら、カルチョの国のリアリスモも同時に学んだほうがいいぜ。