souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

すごいことになってきた

「かなえキッチン」「最近のわたくし」「木嶋佳苗」の名前がグーグルの急上昇ワードにあり。
これなどはまだ笑い話のレベルだが、ここまで行くとさすがに笑えない。笑えないどころか、このままだと史上稀に見る「結婚詐欺&連続殺人」事件ということになりそうだ。


以下は、ネットでの情報。
眉に唾をつけなきゃいけないけど、そう間違ってなかろう。寧ろ余罪はもっと出てくるかも知れない。

■プロフィール■
本名:木嶋佳苗(キジマ カナエ)
年齢:34歳(1974年11月27日生)
出身:北海道別海町、実家は名家(祖父は町会議員)
家族:4人兄妹の長女、妹2人弟1人
体格:身長160?前後で中肉中背
職業:無職(自称「専門学校生」「大学院生」「介護ヘルパー」)
学歴:高卒(大学には入学するも学費滞納で除籍)
住所:最近まで池袋の高級マンションに住んでいた(事件発覚後引越)
前科:ネット詐欺(ヤフオク詐欺の常習犯で6年前に、執行猶予つき)


■お気の毒な被害者たち■

  • 大出嘉之さん(41歳/2009.8死亡)

千代田区在住。プラモデルマニアで一部では有名だった人。佳苗との結婚を望んでおり、500万円貢いだ。車内で練炭による一酸化炭素中毒死。

  • 安藤建三さん(80歳/2009.5死亡)

佳苗をホームヘルパーとして雇った家の主。事件発覚後、千葉県野田市の家は全焼。家からは練炭が見つかった。火災当日に預金180万円が佳苗によって引き出されていた。

  • 寺田隆夫さん(53歳/2009.2死亡)

青梅市在住。佳苗に1,700万円振り込んでいた。練炭による自殺と当初処理された。

  • 福山定男さん(当時70歳/2007.8死亡)

千葉県松戸市在住。佳苗に7,400万円も振り込んでいた。死因は不明。

  • この他不審死した佳苗の「知人」は2人
  • 詐欺被害者は4人


俺がどうしても知りたいのは、1億円以上を貢がせ、虚構のセレブ生活を送っていた女の「心の闇」だ。
人間に対する基本的思いやりが欠如しており、贅沢のために平気で人を殺める。
佳苗にとっては「騙されるバカが悪い」ということなのだろう。
反面、プライドが高く、自己顕示欲も相当強い。そうでないと、追われる身だと判っていながらブログに一部ながら顔写真入り実名入りで日記をアップすることなどありえないだろうし。


大胆だな。
というか幼稚なのか。
この背反するような要素が同じ人間の脳みその中に同居していることに、俺は眩暈がする。


中学の卒業文集では「生意気でワンマン」と自己分析していた。
高校の卒業文集では「嫌いなもの」として「不潔、貧乏、バカ」と記述されていたという。


このあたりにも、絶望的で決定的な「人間的感情の欠如」が見て取れる。


死者に鞭打つつもりは毛頭ないが、いい年の大人たちが空虚なセレブごっこ小娘の虚言を見抜けず、命を落とす程盲信してしまう。
騙す側も騙される側も、俺の理解を超えた場所にある。
そして、昔であれば決して交わらない両者を、いとも簡単に繋げてしまう「出会い系サイト」。
そういう世の中なんだよな。


何だか、本当にやりきれない。