souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

自民党総裁選:谷垣禎一氏「私が捨て石に」

「ねじれ国会」総理に続き、今度は「捨て石」総裁。実はさ。両方とも高校の先輩なんだけど、何だかよく分かるんだよ。


決して権力に阿(おもね)ったり拘(こだわ)っている訳じゃない。
寧ろ普通の政治家だったら絶対避けたいタイミングで、敢えて火中の栗を拾ってしまうポジショニング。
それも多分他薦擁立されて。
ひがしこくばるこいけゆりこ的ギラギラ上昇志向の対極、と言えばいいか。


当の発言を巡って、

「捨て石」って何だよ暗いぜ
もっと明るい華やかな言葉で入ってきてほしかった
本当に再生を目指すなら明るい言葉を使ってほしかった

とメディアでは大ブーイングらしい。
自民党をぶっ潰す」式の劇場型軽薄総理風の美辞麗句がいいんだな。いつまで経っても学習しないバカだな。


歴史的頽廃大敗の後、政権は取れないが大事な一歩を踏み出す心意気が詰まった言葉として、「捨て石」ってかっこいいと思うぞ。俺は。
そういうカッコよさ、潔さ、決意の深さを、拾おうともしないメディアは、どうしようもないな。
「他人事のようにというふうにあなたはおっしゃったけれども、私は自分自身を 客観的に見ることはできるんです。あなたとは違うんです。そういうことも併せ 考えていただきたい」と、最後の最後で心情を吐露した元総理。この人も小沢に意地悪されても地道に頑張っていたではないですか。麻生や安倍という調整能力の低い人たちに比べたら、よっぽどいい仕事をした。
偉大な先輩たちだと思っていますよ。


【おまけ】ポマード総理は上昇志向そのものだったな。どうしようもなく醜かった。
死者に鞭打つようだが、こいつは嫌いだ。先輩とは認め難い。