souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

2008-09 UEFA CL final FC Barcelone 2-0 Manchester United

UEFAチャンピオンズリーグ決勝は、点差以上の強さを見せ付けてバルサが勝利。昨季王者のマンUは、90分間を通じほとんどサッカーをさせてもらえなかった。
メッシは、この試合の得点を含め通算9ゴールで得点王を獲得、バロンドールへも大きく前進した(と言っていい)。


最初の10分、好調C・ロナウドが続けざまにシュートを放ち、マンUが完全に主導権を握った。かに見えた。
ところが、中盤で一瞬ルーズになったマークを掻い潜り、イニエスタがスルスルとペナルティボックスにアプローチ。DFを引き付けて出したラストパスをエトォが右サイドで受け、神がかった冷静さで名GKファン・デル・サールの脇の下に流し込む。バルサが、ほとんど最初のチャンスをモノにした。本当に一瞬の出来事に、俺は震えるほど感激した。
このゴールで落ち着きを取り戻したバルサは、圧倒的ポゼッションでペースを掴む。マンUは持ち前の強固なディフェンスで失点を重ねることなく、辛くもハーフタイムに逃げ込んだ。
後半。ファーガソン監督はアンデルソンに代わりテベスを投入し、前がかりの勝負に出た。少しでもバルサのディフェンスラインを押し込むことに成功したら、あるいはバルサの守備がミスや綻びを見せれば、試合の流れはマンUに傾いたに違いない。何しろ、マンUにはセットプレーの飛び道具オプションが多数用意されている。それこそ一瞬でゲームの流れが一転してもおかしくはなかった。
ところが、ここでバルサのディフェンス陣が踏ん張る。サイドで仕掛けるC・ロナウドルーニーを、身体を張って止める。中盤では、高い位置から囲むようにプレスをかける。マンUの攻撃も個人技頼みの単発。ゴールに迫る回数は増えたが、決定的に崩すには至らない。
アンリが立て続けに決定機を作るが決められず、ゴール正面のシャビのFKがポストに嫌われ、流れがマンUに傾きかけた後半の25分。高い位置でマンUのドリブルを止めた炎のキャプテン・プジョルが、猛然と右サイドをオーバーラップ。最後はフリーのシャビが上げたクロスに、メッシが完璧なヘッドで合わせ、バルサが決定的な追加点を挙げる。
そうなると、バルサファンはもうお祭り騒ぎだ。スタディオ・オリンピコはまるでカンプノウである。
それにしてもメッシがいい。のびのびとプレーしているし、コンディションも最高に近い感じ。昨シーズン準決勝でエブラに梃子摺っていたのを見て、ペップ・グアルディオラはメッシを真ん中トップ下のポジションに変えた。それがここまで劇的にチームを蘇生させるのか。
イニエスタ、シャビ、メッシ。カンテラ出身の3人の紡ぐ終わりのないトライアングル。楽しんで練習しているかのようなボール回し。思わずウットリ見惚れてしまう。突っかければかわされるので、マンUも懐へ飛び込めない。ベルバトフまで投入するが、ポゼッションで時間を使うバルサの前でチャンスを作れず沈黙し、そのままなす術なくタイムアップ。バルサの完勝であった。


前半の10分以降、俺はずっと震えが止まらなかった。
バルサの美しく強いサッカーは、70年代にクライフが標榜した理想を、高い次元で現実のものとした。
このチームは、21世紀のドリームチームとして暫く黄金期を続けちゃうのではないか。
そういう夢を抱かせるに十分な、魅惑的なフットボールを体現して魅せた。


白々と明けてきた日本の早朝。
ひんやりとした空気を深く吸い込むと、極上のフットボールを味わっていた俺の肉体は一瞬我に返って、気持ちよさそうに小躍りした。


これだからフットボールファンはやめられない。