souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

男たちの挽歌シリーズ

男たちの挽歌
★★★☆☆ 並 積極的には観ないな

男たちの挽歌 II
★★★★☆ 素晴らしい また観たい

アゲイン 明日への誓い /男たちの挽歌 III
★★☆☆☆ 多分もう観ないかも


“A Better Tomorrow”という原題。どうもプロデューサーの徐克(ツイ・ハーク)が、落ち目の呉宇森(ジョン・ウー)を監督に起用し、峠を過ぎた感のある狄龍(ティ・ロン)を実質的主役に抜擢して起死回生の一発を狙った、ということらしい。「組織に挑む男たち」というストーリーと相俟って異様な迫力を生んでいる気もする。


そんなサイドストーリーより肝心の画だ。
巷(ちまた)には香港映画界の流れを変えた香港ノアールの傑作の呼び声高い第1作だが、俺はいまひとつピンと来なかった。何だかアジアの片隅の映画青年ペキンパーの真似事して遊んでいる、みたいな消化不良感があったからだろうな。男の友情で泣かせる、みたいな評も多いのだが、それを売りにするには脚本が弱すぎるし。
その点第2作は、暴力シーンが凄くこなれてきた。二丁拳銃とライフルをぶっ放し、手榴弾炸裂、最後は日本刀振り回し、スローで回す映像には気品すら漂ってきた。ラストへ向かって疾走するスピード感もゾクゾクする。キャストもいいねぇ。前出の狄龍(ティ・ロン)周潤發(チョウ・ユンファ)は勿論のこと、前作ではアイドル然としていた張國榮(レスリー・チャン)も随分サマになってきた。娘の死後神経衰弱になった社長を演じた石天(ディーン・セキ)も哀愁あって素晴らしい。狄龍/周潤發/石天が復讐を終えボスの豪邸の白い椅子で「休む」シーンは、文句抜きにカッコいい。ま、双子の弟がいたというご都合設定も笑って許せちゃいますね。
第3作は、ただの恋愛映画。何でこんなに面白くないんだと思ったら、やっぱり監督が徐克(ツイ・ハーク)だからなのね。