souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

フォーガットン

★★☆☆☆ 多分もう観ないかも
映画に「ストーリーの整合性」と「その上の新鮮な裏切り=オチ」を求める人には、駄目駄目の評価だろうな。だってストーリーを荒唐無稽に語っちゃえば、

客観的に語るのかと思いきや、実は主観が真実で、子供への愛の力が何より強く、国家の追手や神の力にも個人の力で対抗できちゃった。しかも対抗するときのパートナーは旦那じゃなくて、子供の同級生の父親だったりカウンセリングの医者。何だそれ?

ってな具合になるだろうからね。ある人が「キング作品を映画化して失敗した作品群のテイストに似てる」と言ったけど、そんな感じも確かにある。
俺はそんなに酷いとは思わなかった。でもやっぱり、前半の「テンポ」や「揺れる画面」や「サスペンスフルな展開」がかなりいい出来だっただけに、後半の散漫な印象がすごく勿体無い。
典型的な「踏み絵」映画かもね。