souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

リプリー

★★★☆☆ 並 積極的には観ないな
原題は“The Talented Mr. Ripley”。才能溢れるリプリーが、大富豪の放蕩息子=ディッキー・グリーンリーフに魅せられ、嫉妬し、殺めてしまう。アラン・ドロンと比べるのは酷だが、マット・デイモンは及第点ギリギリですかね。この映画が凡庸な二番煎じに堕していないのは寧ろ“脇役”陣によるところが大きい。グゥィネス・パルトロウの可憐さとジュード・ロウの華。ちょい役のケイト・ブランシェットもいい味を出している。特にJロウは主役を完全に食っちまった。“太陽がいっぱい”が好きな俺だから点は辛いが、映画としては面白くよく出来ている部類であり、普通なら星4つですね。