souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

セッション第26弾

今年最後のポピュリー。
今回は、せっかくロンした大曲(危機のことなんですけどね 笑)が時間の関係でカァ〜ットォになってしまって、直前まで演目がなかった。ところが土壇場でいろんな人が譲ってくれたお陰で、結局計5曲。大忙し。

コーラスでサポート。不得手な下ハモリなのだけれど、楽しくできました♪ 1曲目としては最適かも。しかしリードのU氏はピッチ外さないし、上手いねぇ。時々構成が飛んじゃうのはご愛嬌さ。笑

今更ながら、俺やっぱり声デカイみたい。リハの時「GとBが小さい」と言われてショック(嘘)。それと、カツゼツ悪過ぎだわ。何回練習しても噛むもんな。それはそうと、M嬢のギタァの気持ち良いこと! この人ストラトのくせにぶっとい音してるんだホントに。A嬢の最後の「字余り」も、想定の範囲内。笑

ファンクです。あくまで切れ良く。あくまでノリ良く。どれだけ黒っぽいリズムが醸し出せるか。乾いたブラスのイントロに引き続いて、ポップなAメロ。その後印象的なブリッジを経て、ノリノリのサビへ雪崩れる。自分としては結構できたかな。

ボーカルを演っていると、コーラスの女の子を2人ハベらせるのが積年の夢だった訳ですよ。しっとりとしたAメロから、コーラスと輪唱が絡むサビへと盛り上げる。ポン!と声出す快感と、次第に熱気を帯びてくるオーディエンスの反応を楽しみながら、ベースソロを経て怒涛のエンディングへ。

でもさ、後で改めて録音をチェックすると、イントロのリズムは外しているし、コーラスのピッチはかな〜り甘いし、結構凹みました。しかし皆さんには楽しんでもらえたみたいで、ヒトエに、タイトなあけおにリズム隊とアコースティックギターっぽいバッキングでしっかりサポートしてくれた鍵盤師S氏の尽力のたまものであります。美女と野獣の3声という見た目も良かったのかな。何れにせよ、大変な快感だった、演奏中は。爆


今年もセッション三昧だったなぁ。なんとポピュリーは去年に引き続き解禁皆勤だった。計6回。
楽しい♪
あけP、お疲れ様でした&多謝!!