souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

ラーメン二郎 環七一之江店

ラーメン二郎を初体験。
ここには、二郎が唯でさえ外れ気味なラーメンというフォーマットから更に外れた、「汁なし」という不思議な食い物があるらしい。俺のオーダは「汁なし小豚野菜増し魚粉入り」である。追加トッピングは生玉子。
馬鹿みたいにゴロゴロ入っている豚肉の塊の旨さはさることながら、濃い目の汁に旨さが凝縮している。塩辛い汁をたっぷり吸った極太平うち麺に、モヤシやキャベツを絡めて喰う。クドくなってきたら、トッピングの生卵や魚粉で味の変化をつけてやる。
二郎の喰いかたは、実に柔軟なのだ。だからこそ、初心者には敷居の高い呪文のような好みトッピングのリクエスト(ジロリアンたちはそれを「コール」と呼ぶ)を受け付けるのだし、テーブルの上には白コショー、黒コショー、七味唐辛子があったりするのだ(隣のお兄さんはキャベツが真っ赤になるまで振りかけていた)。
その後友人と会う約束していたのでニンニクは止めておいたが、これを入れると尚一層旨かったのかも。


二郎はラーメンにあらず、二郎という食べ物也ジロリアンは言う。らしい。
もうこうなると、立派な文化だね。
これまで「若者の食べ物」と敬遠していたが、ちょっと攻めてみるか。メタボが心配だけど。


【参考】
一応公式website 二郎ラーメンのホームページ
熱烈なファンサイト 二郎命
勝手に皆でメンテしている、らしい。絶句。 二郎各店 2008年夏季休店情報