souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

ポルトガル 3-1 チェコ

確かに「前半8分の先制」、「追いつかれた後、後半18分の再リード」、&「ロスタイムのだめ押し追加点」。試合運びとしては磐石である。しかも全得点にエースC・ロナウドが絡んでいるともなれば、メディアがかように騒ぎ立てるのも無理からぬことかも知れない。
しかし、何だかなぁ。何か違う。


引っかかっているのはディフェンス。(ノッているペペは別としてさ)
失点をはじめ、特にセットプレーで脆い。流れの中でも、人数は足りているのにボールウォッチャーが3人ぐらい居る感じ。これで優勝できるだろうか。


しかし、いち早く決勝トーナメント進出を決め、グループリーグの第3戦は戦力温存できたり、強豪がC/D組に集中していること、比較的日程に余裕があることから、優位さは揺るがないのだけれども。


負けたとは言え、チェコも素晴らしいチーム。
結局決勝トーナメントで活躍するのはこっちの方だったりして。そんな気がしてならない。