souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

フィガロの結婚

ま、ストーリーは、花嫁の初夜権を行使しようとしている伯爵、その策略を挫いて懲らしめることを企む伯爵夫人。そこに絡む若い小姓や花婿の両親。最後には2組の結婚式が行われ大団円のハッピーエンドを迎えるドタバタ喜劇。
こう書いてしまうと身も蓋もないけど。


音楽って、どんな形態でも、それに、たとえその形態に慣れ親しんでいなくても、いいものはイイ!と判ってしまう。
あ。それって歌舞伎を初めて観た時も感じたなぁ。
カクシキというのに弱い自分も居るには居るが、それを差し引いても、圧倒的な音楽の喜びに支配されたステージは、とても素晴らしい。


無理に連れて行ってくれた友人に、感謝。