souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

息子達と対峙するということ

今週は2度も大阪出張だった。そして今日は法事。明日は休日出勤の予定。
そういう師走のバタバタ真最中に、この事件は起きた。


配偶者の母方の祖母が11月に亡くなった。その葬儀に俺は、ちょうど大阪出張で参列できなかった。なので今日の35日の法要は、是非参列したかった。それは俺の気持ち。
長男は、クラブの練習があったにも関わらず、法事にはデフォ出るものだという信念の元、一も二もなく参列を決めていた。
しかし次男は違った。葬式にも出たし、家のゴタゴタがあって母親が強要しないこともあるし、クラブの練習試合とは重なっているし、参列しないと決めた。否、そういう流れというか合わせ技で、今回は「ま、いっか」という結果に何となくなった、ぐらいが正しいのかもしれない。


そのことを1号は許せなかった。帰宅後夕食をしながら、執拗にそのことで弟を責めた。
2号はそのうち泣き出してしまった。
俺も「2号だって判ってるさ、だからもう責めるなよ」と中途半端に1号をなだめたり、そのうち2号も逆ギレしたりする段になって、火に油を注がれた1号は本格的にキレ始め、最後はとうとう弟に殴りかかろうとした。
その場は俺が何とか繕ったが、燻った感情はまだ落ち着くまでには至らない。


俺が自分の部屋に戻っても、1号の昂ぶった感情は収まらない。俺の部屋に押しかけ、迸る感情を俺にぶつける。
俺は言った。
「他人のためにそんなに本気になれるお前を、俺はもの凄く誇りに思うぞ。でも最終的にはあいつ自身の問題なのだから、強要はできないんだよ。それに話をすれば伝わることなのだから、そんなことで暴力沙汰になって怪我をしたりさせたりする事だけは勘弁してくれ。」
すると1号は憑き物が落ちたように部屋を出て行った。
後で聞けば、弟にはこんな辛辣な言葉を浴びせたらしい。
「シツこく責めて、悪かった。だけど、何より参列しなかったという結果と、自ら熟考していないそのプロセス双方の観点で、俺は一生お前を軽蔑する。」


方や2号は、その後俺の部屋に入ってきて、こう怒鳴られる羽目になった。
「俺が許せないのは、兄貴が言っていることの根本を理解しようともしないで上っ面で拒否反応しているお前の態度だ。一緒に住んでいる者がどういう思いでお前にモノを伝えようとしているのか分かろうともしない感受性のないやつは、俺の家から出て行け」
兄の(言葉は悪いが)アドバイスを小言としか捉えられない子供だと、ハナシをして判ったからである。


男の子を育てるということは、こういうことなんだろうよ。
中学生と高校生の兄弟間でこれまでこんな諍いがなかったこと自体、異常だったのだ。
だから、このことに絶対に蓋をしてはいけない。バンバン「青年の主張」をさせるべきなのだ。言いたいことを言わずして、問題を先送りにして感情を燻らせ、当面の平穏を取り繕うことに何の意味がある? 1年後には付き合いをやめる(かもしれない)職場の嫌な野郎ではないんだぜ。嫌でも一生付き合うんだから。


別にキレイに纏める気もないが、その後1号2号は仲良くやっているし、何だか俺に馴れ馴れしくもなってきた。


俺は取っ組み合いでまだ子育てに参加できるこの状態が、何だか無性に嬉しい。