souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

Sepahan 1-3 浦和レッドダイヤモンズ

J終盤で失速したレッズがこの試合でどう持ち直してくるか、それが興味であった。果たしてレッズは、アジア・チャンピオンズリーグで2度対戦したセパハン相手に、完璧な試合運びで勝ってみせた。
ポンテの穴をどう埋めるか。その点では運動量豊富な長谷部の活躍で見事に穴を感じさせなかった。それに加え、ACLでは温存して敵のスカウティング上完全にノーマークだった相馬が果敢に左サイドで仕掛け、セパハンを混乱に陥れることにあっさり成功した。ペースを握れないセパハンはレッズのプレスをマトモに受け、3点目のオウンゴールの献上まで引き立て役と化すしかなかった。
カンペキだ。


前にも書いたが、このチームの強さは個々の選手のインテリジェンスの高さにある。ホント、監督なんて誰でもいいぐらいだ。
こういう成熟したチームは、観ていてとても気持ちがいい。


ワシントンの2点目は、間違いなくワールドクラス。観ていて鳥肌が立った。サポーターも素晴らしい。言うまでもないことだが、これまでも、またこの試合でも、サポーターの圧力は確実に試合に影響を及ぼしている。世界に誇れることだと思う。


さてこれで、念願の欧州チャンピオンACミランとの対戦権を得た。同時に、世界クラスのチームとのガチンコ真剣勝負の2試合を戦う権利も得た。これは日本サッカー界では画期的な出来事である。
楽しみになってきた♪