souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

Tideland

奇才テリー・ギリアム最新作!
実はうっかりしていて知らない間に公開されていて、で、一巡して東京に戻ってきた!
前回のブラザーズ・グリムは、それなりに上手に纏めちゃっていましたが、ギリアムファンとしてはおもちゃ箱をぶちまけたような映像を期待していただけに、正直??だった。
今回は、かな〜り期待胸を膨らましながら鑑賞したのよ。


主人公の少女、ジャンキーの両親、隣家の狂った幽霊女とアタマの弱い弟だけしか出てこない映画。
死体を剥製にするわ、救いようのない現実が連綿と描写されるだけでストーリーらしきストーリーがあるわけでもない。
でもこの映画がギリギリの「救い」を描きうるのは、ギリアム兄さんの技量と子役の演技力の賜だろう。


素晴らしい!
グロテスクだろうが何だろうが、人間の想像力の偉大さに賛同できる向きには、4つ星、5つ星モンだろう。