souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

豆腐の日に思うこと

10/2は豆腐の日だったらしい。


豆腐といえば最近気になるのが、「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」を作っている変な豆腐屋京都男前豆腐店
websiteも相当イカしているが(敢えてこういう表記をしたくなる感じなのですわ)、通販なんかもやっている。
「ジョニ男 パーティーバーレル 16人前 2,000円(内税)」には爆笑した。


ちょっと真面目なハナシ。


そりゃ俺は三度の飯より豆腐好きな“豆腐馬鹿”ですよ。豆腐の角に頭ぶつけて死ぬのが本望ですよ。キミの肌は絹ごしのように滑らかだねって女の子に言って、肘鉄喰らってフラれた男ですよ。
でもね、そんな俺ってかなり奇特な人間じゃないかと思う訳です。
一般に言うと、豆腐ってなくても困らないし、健康食ブームがなければもはや死に絶えていたかも知れない。豆腐屋って、斜陽産業と言い切ってもいいぐらいなポジショニングじゃないですか。


で、「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」ですよ。
コピーは、豆腐屋の職人気質を髣髴とさせる「男前」。社長の名はジョニー。
websiteの「ミョーなフラッシュ」。
よく見れば、某SNSにはコミュニティまで立っているじゃないですか
だって「豆腐」でググると、京都男前豆腐店日本豆腐協会を抑えてトップに表示されるんですよ。
つまり、ネットではかなり話題で、現に面白がっている「ファン」が相当付きだした、といいうことですね。
この「現象」って、結構凄くないですか。
誰がこんな「弾けた」豆腐屋が出てくると想像してました?


これが、一介のブームで消える「一種のバブル」なのか、綿密な戦略に裏打ちされた周到なマーケティングの成果ということなのか、しばし見守りたいですね。
発祥したのが、ベンチャー気質溢れる京都という街だということも気になる。


でもやっぱ気のせいかな。


【参考】
日本豆腐協会のwebsiteはこぉんな感じ。
この手の業界団体のwebsiteとしては相当マシだと思うが、どうか見比べてごらんよ。
その「差」は歴然。何か感じるから。