souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

泥の舟、かも

今年も、会社からは評価されなかった。
俺の絶望は、しかし、別のところにある。


俺の所属する部署で「高い一次ハードルを超えて人事部に推薦した8人がひとりも昇格しなかった」という事実は、門が狭いか広いかという量的議論を受け付けない別の本質を孕んでいまいか。


イノベーションによって拡大再生産を目指す会社組織という有機体が、「構造的マンネリによる緩やかな死」へ向かってまっしぐらに進んでいるとしたら、さてどうする。