souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

ウェブ進化論

遅ればせながら、『あちら側』の伝道師梅田望夫氏の話題の本を読んだ。


Web 2.0ロングテールアドセンスSEOブログなど、Webの進化がもたらした諸現象を整理していて大変分かりやすい。読後に感じた清清しさは、彼の圧倒的オプティミズムと、変化に敏感な連中を支援しようとする心意気に由来するのだろう。そこいらの凡庸な「ネットを解説して小銭稼いじゃおう本」と違うのは、まさにその点である。
ネット世界を眺めるとき、リアル世界からのアナロジーで理解することの限界を説き、創造的破壊行為を促すのは、パラダイムシフト期には重要な観点。そこで紐解かれるのがファインマンの「ニュートン力学からのアナロジーで量子力学を捉えることは不可能だから『ニュートン力学的感覚』を一旦捨てろ」という言葉。理系の俺は思わず笑っちゃうほど分かりやすかったんだけど、文系や芸術系の人たちには分かるかなぁ。
ともあれ、これから始まる大変化に備えて知的武装するために、経営者も、官僚主義に陥りかけてきたリーマンも、次世代を担う若者も、これぐらいのことは分かっておかないと。そういう本。


心に残ったコトバ

  • 次の10年の3大潮流=インターネット、チープ革命オープンソース
  • 「ネットの『あちら側』と『こちら側』」というユニークな視点
  • ネット上の富の再分配による新しい経済圏が出現
  • 不特定多数無限大への信頼=群集の叡智[Wisdom of Crowds]への期待
  • 総表現社会はもう到来しつつある=チープ革命×検索エンジン×自動秩序形成システム
  • ネット参加者の急増と技術の進化は旧来の権威を崩し「知」の秩序を再編成する