souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

アジアに敵なしとは言うが

世間では、オシムに対する過剰なまでの期待からか、コカコーラのいい加減な「ランキング」を鵜呑みにして謂れのない楽観論に支配されたサッカー無知の俄かサポーターの煽動からか、落胆の色が隠しきれない、といった意見が支配的なようだが。
俺はある程度満足しているよ。何しろ親善試合ではないんだし、結果としてホームで2-0は、決して悪くない。寧ろ、タイムアップ寸前にダメ押しできたことも、もっと前向きに評価していい。


良かったこと。
オシムが「勝つためにセットプレーの得意な選手を多数投入し、走り回るサッカーをある程度犠牲にしながらも、ベタ引きチームへの有効な戦術オプションを示したこと」。
これがそこいらの凡庸な監督とは一線を画している点だね。


悪かったこと。
セットプレーを取るには取ったが、その精度が悪すぎること。
要は何時も言われているフィニッシュの精度の問題ですね。これは一朝一夕に改善される訳ではない。監督ではなく、日本人選手の問題。


それにしても、ジャーナリズムの質が悪すぎるね。俺がインタビュワーの立場でこんなことオシムに言われたら、その場で舌噛んで死んじゃいたくなるけど。
俺、現在の仕事クビになったら、真っ先にスポーツジャーナリストを目指すな。だって、馬鹿に輪をかけて努力不足のプライドのない連中ばかりで、新規参入しても勝ち目大アリだもんよ。