souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

7人制ミニサッカー大会@大井第二

死ぬかと思った。後から聞けば、東京23区の気温は35℃を超えていたという。人工芝の上では、それよりも高かっただろう。おまけに風がない。
白いスパイク履いていたけど、照りつける日光で足の甲が暑かったもんね。

10チームが参加するプライベートな大会に、急遽エントリー。監督から電話が掛かってきて、しつこく熱心に参加を要請される。前日は結構遅かったのだが、結局承諾。ちょっと遅刻して到着すると、既にそこでは熱戦が繰り広げられていた。

5チームのグループリーグで、何と3勝1分のトップ成績で通過。若いチームを蹴散らして、オヤジの省エネサッカーは結構快調に勝ち進んでいく。俺はGKで丸々1試合出場+フィールドで1.5試合ぐらい出たかな。

準決勝。反対ブロックの2位との対戦。お子ちゃま高校生チーム。これが上手くないばかりか、プレーが汚ねぇんだな。イエローカード程のファールしたって「たいしたことねーじゃん」って開き直るし。アブねーだろ!と言えば「そんなことゴチャゴチャ言うなよこのくたばり損ない」って悪態吐くし。やっていてムカムカしてきた。
近頃の若いモンは、とは言わないが、安易にラフプレーに走って自らの成長を止めてしまう連中がいくら増えても、日本蹴球界の底辺拡大にはならんよなぁ、と寂しい気持ちにもなった。
結局俺がとどめのヘディングシュートを*1叩き込んでやって、2-0の勝利。

決勝は、結局、同ブロックの2位チームが勝ちあがってきて、再戦。
お互い手の内がわかっているだけに、また、暑さですっかりスタミナ切れなだけに、マッタリとして相手の隙をうかがうようなサッカー。同じルールなのに、こうも違うのがサッカーの面白いトコロだなぁ。
結局虎の子の1点を守りきって、何と優勝

*1:この日唯一の得点