souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

決勝 イタリア 1-1(PK:5-3) フランス

アズーリが、我慢の120分の末、しぶとくワールドカップをモノにした。


何より良かったのは、開始早々のPKの誤審のおかげで、荒れて壊れる試合になりそうだったのを、イタリアが見事にCKから追いつき、試合が落ち着いたこと。そして、両者の中盤の潰し合いを堪能できたこと。文字通りの「死闘」を120分に亘って味わうことができたこと。


後半〜延長の前半、イタリアには全く得点の気配が消え、フランスの攻勢が続いていた時間帯に得点できないのがきいてしまった。時折高速ドリブルでDFを陥れることに成功していたアンリが、一杯一杯で攣ってしまい交代した。そしてジズーの退場。
これで、フランスの2006年は終わった。


イタリアの集中力は素晴らしい。
この勝利は、何より集中力の勝利だ。
ベルリンのオリンピックスタジアムに大音量で流れた“Un'Estate Italiana”が、何とも感動的だった。