souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

変革のために今すべきこと

この7月に、職場の組織が再編成される。
ハコを変更することに伴い、また定期的人事異動も重なって、上司が替わる。つまり、すぐ上の担当部長、その上の部門長、そのまた上の大部長、3人の上司がいっぺんに居なくなる。部下にも異動の余波がありそうな雰囲気だ。
また、帰属する部門と物理的に別のフロアに居て、おまけに担当部長が別部門の担当部長と兼務だったために好き勝手やっていたこれまでと違い、7月からは、部門総括の担当にチームごと包括的に組み込まれることになった。席も部門のド真ん中である。
まぁ商品開発業務にゴーイング・コンサーンも何もあったモノではないが、「業務の連続性」という文脈で言えば、かなり危機的状況ではある。


一連のこの動き、実は「想定の範囲内」だった。
今月のアタマに、だからこそ、俺は部下に

全ての業務において、6月下旬までに一区切りつけなさい

とオーダした。そして先々週〜先週と2週に亘り「死ぬ気で頑張れ」と檄を飛ばし続けた。最終的には、昨日新担当部長に業務説明したところで、「一区切り」ついた。


実は、来週から2週間、俺は職場を留守にするのだ。
2週間と言うのは、曰く言いがたいが、極めてビミョーな長さの時間である。
サボる気になればサボりきれるし、同時に、何かちょっとした塊をやり遂げるには丁度いい期間。この時間を、果たして部下はどのように過ごすだろうか。


明日=最終日の、部下へ向けた俺のメッセージは、たった2つ。まるで選手をフィールドへ送り出す監督の心境に、極めて近い。

  • 2週間のテーマを自分なりに決め、どんな小さくてもいいので、何か一つ以上のことをやり遂げること
  • これまでの「傍流だから何やっても楽しくていいよね文化祭の前日みたいで」感覚を完全に払拭し、「総括として部門を統括していく」ために自分自身がどのように変革しなければならないか、自分自身で考え抜くこと


備忘 〜 <直近6ヶ月の振り返りと変革への準備>のヒント

  • 業務として
    • 何がポイントだったのか(KSFの振り返り)
    • 課題/目標のために自分は何がやれたのか/やれなかったのか(自己のパフォーマンスの振り返り)
    • もし今後、同様の状況に置かれたら、何をどのようにどうするつもりか
  • プライベートや日常の健康管理面として
    • 業務以外で、大きなストレス/カタルシスがあったか/なかったか
    • 体調面のリズムとして、好調/不調の波はあったか/なかったか
    • これらと業務上の連関はあるのか/ないのか
    • 連関があるとすると、業務をどのように遂行することが良いと思うのか
  • 「たった一度の人生」として
    • ここ半年はしあわせだったのか
    • そもそも自分にとってのしあわせとはいったい何か
    • そのしあわせに向って歩んでいる実感を持っているか
    • そうでないとすると、あるいはそれが十分でないとすると、足りないものは何か