souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

市場に聞くために。第1章

着手から半年あまり、着想から1年半以上かけて検討してきたサービスが、漸くリリースされる運びとなった。
産みの苦しみ、というヤツだろうか。ここまで漕ぎ着けるのに、直近の2〜3ヶ月は、迷走していた。あからさまに妨害キャンペーンを張ったヴァカもいたし。


感慨深い。
こんなコトバでは語れないほど、感慨深い。走馬灯のようにこれまでの営みがフラッシュバックして、寧ろコトバで表現できない。
ネガティブな言い方なら、「サービス開発の業務に就いて3年経ちやっと一人前になった」感がある。というのも、俺が現在の部署に着任してゼロから立ち上げた初めての「新規サービス」だから。
ポジティブなモノ言いなら、これまでの「既存サービスの高度化」にはない「新規サービス」開発の醍醐味を堪能した、ということ。
外部/内部の環境変化から必要性を啓蒙し、コンセプトをぶち上げ、建設的批判によってその質を高め、仕様に落とし込み、時には柔軟な phased-approach を敢えて採用し、システムをインプリし、最終的には運用サイドを説得した。産みの苦しみも含めたフルサイクルを体験できたこと、新機軸を打ち出すダイナミクスを肌で感じた1年半だった。


しかし、これで終わり、ではない。寧ろ、これからが本当の始まり、である。
市場に問いかけ、市場の反応を見て、開発に即座にフィードバックする。永遠のベータサービス、スパイラル開発のスタート地点に、ようやく立ったばかりなのだ。


だけど、今日ぐらいは、弾けて呑んでしまおう。これまで尽力してくれた部下たちと一緒に。
これから打ち上げ行ってきます♪ スプマンテで乾杯だぁ。ボナセ〜ラ♪