souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

プログレ歌姫対決

先のハニフラセッションで知り合いになったヤナさん@水鏡の「本職」を観にいくことになった。場所はプログレ野郎どもの集う吉祥寺シルバー・エレファント。イベントのタイトルは『水鏡 presents 月読の歌姫2005』。すべてプログレ。すべて女性Vo.がフロント。Vo.の俺には無茶苦茶勉強になったのよ。
出演は以下の3バンド:


interpose+

  • 変拍子飛び交う楽器隊のヘヴィネス。そこに絡む軽やかな女性ヴォーカル。ライブ環境では、Vo.の音圧が拾いきれず、ちょっと残念。余談ながら、現在付き合っているバンドのkb.が半年前まで在籍していたとか、ds.が高校の同級生とか、何かと縁があるなぁ。

紗姫&Elemental Orchestra

  • ヴォーカル紗姫嬢は少女時代には全国民謡大会で優勝経験を持つそうで、のびやかな声が心地よく響く。オリジナルに加え、中島みゆき笹川美和の楽曲までもが「ロック」にアレンジされ、Elemental Orchestraによってドラマを吹き込まれる。結成間もないからか、アレンジにこなれていない部分はあるが、紗姫嬢の圧倒的存在感を武器に、羽ばたきそうな予感がある。丁度俺の大好きな上々颱風がブレイクしたように。新月の津田氏がG.で客演。

水鏡

  • シンフォニックなオーケストレーションに「和」のスパイス。独特の存在感を見せるVo.&fl.の双葉嬢。メンバーが奏でるのは「個々に出したい音」ではなくて「水鏡の音」。これまで数え切れぬほどアマチュアバンドを観てきたが、水鏡の完成度の高さは、群を抜く。最高レベルかも。それにしてもヤナさん上手いなぁ。余談になるけども、俺昔タイコだったこともあって、ロックはギターでも何でもなくてドラムスだと思い込んでいたのね。ロックはベースなのかも。最近そう思わせる出来事が多くて。


今日の教訓:

  • ミュージシャンが音楽を奏でるのではない、音楽が演奏者を選択する by Rフリップ