souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

POSEIDON Festival 2005@四谷アウトブレイク

目当ては、Phonogenixの方だった。
今を遡ること20ン年前(歳がバレル)、高校生の頃に、新月という日本最高のプログレバンドがあった。Phonogenixは新月のギタリスト津田治彦氏のソロ・プロジェクトなのだ。しかも今回は新月のキーボード奏者花本彰氏とベーシスト鈴木清生氏、ドラマー高橋直哉氏をゲストに迎えた豪華な顔ぶれ。嫌が上にも期待が高まる。果たしてギグの内容は。。。
正直、寒かった。ぼそぼそとMC。コンピュータの打ち込みに合わせて窮屈な演奏。ライブ感が少しも感じられない。唯一フレットレスベースの歌心がライブの躍動感を繋ぎとめていたのが救いの、少々つらい内容だった。Phonogenixの音は、やっぱりライブ向きではない。新月の話題の新曲"生と死"は、これまでの彼らの音からはちょっと想像できない曲だったので、良い意味のサプライズ。今後、形式美に頼らない世界を構築してくれる期待は抱かせた。


ところがところが。対バンKBBの凄いこと!
KBBはヴァイオリンフロントのギターレス4ピース・プログレバンド。静と動のコントラスト、変拍子をモノともしない抜群のリズム感、迸るパッション。どれをとっても、見事、の一言。多分最高峰のインストバンドだろうな。これは、かつて見た最高のインストプログレバンKENSOに匹敵する掘り出しモノ(失礼!)だ。
KBBのヴァイオリン壷井彰久氏のプレーは、KENSOのギタリストの清水義央氏のそれを髣髴とさせた。やっぱりインストバンドは、フロントマンの「抑制が効きつつ狂気を宿したプレー」が最大の魅力だね。無論、それを引き出す凄腕キーボードの高橋利光氏も要注意! そう言えばKENSOの場合は、その引き出し役は当時の壮絶ドラマー山本治彦氏だった。フロントと、火花を散らす相方。これが鍵だな。
何れにせよ、すごく得した気分&勉強になりました♪