souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

内容の濃い引き分け 2-2

松井の目処がたった。彼の運動量、戦術センスは中盤で非常に生きるだろう。特に4-4-2の布陣ならね。左と思えば、次は右。ゴール前に顔を出したと思えば、DFラインの直ぐ前で積極ディフェンス。アレックスだけではオプションに乏しいと思っていた左サイドに新星現る、といったところか。
2トップは格の違いを見せつけた感がある。高原、柳沢の2人が目下の大本命と言ってよい。ここに大黒や大久保ら台頭勢力がどう絡むか。
DFのセンターは田中誠と茂庭が無難なパフォーマンスを見せた。右サイドの駒野も悪くない。中田(こ)はDFの左サイドの時はそう悪く感じなかったけど、ボランチに入った途端、バランスの悪さを露呈。やっぱりこのポジションは、所属チームでサブな試合勘のない状態で務まる訳ないな。
そう、もう一人の中田(ひで)は悪かったねぇ。彼のパスミスから逆襲ピンチを招いた場面がすごく多かった。チームとして後半バテてやられたことを考えると、彼は一番の戦犯かも。ヒデを信じて前がかりになり、逆襲を喰らい、大急ぎでディフェンスに追われ...というのは、正直辛かろう。久々のフル出場だった稲本は、大分パフォーマンス戻ってきたね。60%ぐらいかな。
あと、このチームは、俊輔のチェンジペースやタメがないと、只の凡庸な体力サッカー軍団に成り下がってしまうのだなぁと痛感。彼、あるいは小野伸二あたりのパサーが、中田ひで以外に一枚いないと、中盤の色気がなさすぎる。これも発見(気づくのが遅いってか)。