souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

Google vs. Microsoft

ネットの世界は、リアルビジネスに比較して規模の論理が効きやすい。経験則だが、この業界はシェア3位以下の事業者に未来はない(場合によっては1社のみしか生き残れない)、正に"The Winner Takes All"と呼ぶべき「構造的寡占」の世界である。
この「ネットの覇権」を巡って熾烈な戦いを繰り広げる両社は、「全面戦争」に突入しそうな気配。俺が最近そう強く感じる根拠の一つは、今年に入ってから立て続けの「人材確保」ニュースである。サイバースペースWeb 2.0的覇者を目指すGoogleであっても、その力の源泉は人の英知、というのは何とも面白いところだが。


この全面戦争の内容はこの記事に詳しい。俺個人的には、このブログにあるように、Appleも交えた三巴の様相を呈してきた、と見ているけれども。
他人事ならいいのだが、業務にも関係あることがらなので、この一角に食い込めていない焦燥感が募る。